顎関節症の治療方法とは?

スポンサーリンク

顎関節症の治療方法は、軽度か重度かによって大きく分かれてきます。

まずはじめに、軽度の場合には自宅でのケアで自然治癒に導くこともできることが証明されています。

自宅でのケアというのは、ここではマッサージや顔のストレッチ体操のことをいいます。


そういった自宅でお金もかけず時間さえかけて習慣化することで完治につながったというデータもあるので、まだ早期発見という場合は自宅でのケアから始めていくといいでしょう。

だんだん症状が重くなって行っている場合や、原因によってはマウスピースでの治療を勧められることが多いでしょう。

矯正治療や外科手術などは後戻りができなくなってしまうのでまずはマウスピースの装着から始めていくことが一般的といえます。

保険がきいたとしても、治療方法が大きくなればなるほど、負担額は上がっていきます。その他、マウスピースを使うスプリント療法以外にも、運動療法、薬物療法などもあります。

その次にマニピュレーション法を3か月から6か月行っても症状が変わらない場合に外科的手術をする形になります。

手術や矯正は、歯の形なども変えてしまうため後戻りができないといわれますが、こういった、運動や薬での治療は歯の形や歯並びを変えるものではありません。

まずはそういったところから状態の変化を見て行ってそれから考えていくのがいいでしょう。

マウスピースを使った治療法は一般的に知られていて、顎関節症の治療というとこのマウスピースを使うスプリント療法が頭に浮かぶほどになっています。

しかし、ストレッチ体操やマッサージはまだ印象づいているとは言えず、顎関節症にかかるとすぐに病院に行って治療に取り掛かるという方がほとんどですが、まずは自分で出来ることから始めていくのがいいでしょう。

ストレッチやマッサージは無理せず痛みを感じない程度に調節して行うことができるので、手軽に自分の力加減で決めることができます。少し痛いけど気持ちいいというのがベストで弱すぎても強すぎてもいけません。

なので痛みを感じたら弱めるのではなく、中断するのがいいでしょう。

スポンサーリンク