顎関節症の原因とは?

スポンサーリンク

顎関節症の原因は今までは噛み合わせが一番大きいと言われていました。

しかし、それだけが原因ではないことが解っています。

食いしばりや歯ぎしり、歯をカチカチ鳴らすなどを総称してプラキシズムといい、筋肉を緊張させ顎関節に過度の負担やダメージを与えています。これが大きな原因といえるのです。

食いしばりは、肉体労働や仕事に集中している時などに無意識に行っていることが多く、稀に寝ている時にも行っている場合があります。

歯ぎしりについては、音のしないものもあるようです。

次に挙げられる原因の一つは、ストレスによるものです。仕事や家庭、人減関係などでのストレスや精神的な緊張は、筋肉を緊張させ食いしばりにつながったり、夜間の歯ぎしりをしたりとプラキシズムに影響してきます。

他にも左右どちらかで噛むくせがついてしまい、片側だけに負担が偏ってしまうと発症の原因にもなります。

顎関節症の原因の多くは、歯に負担をかけることだといえます。歯ぎしりや食いしばりは無意識に歯に力が入っていて負担をかけていたり、片側の歯だけで集中して食べることを続けていれば、バランスも悪くなります。

噛み合わせにも原因はあるもののこういった原因も多くあるようです。

現在は子供でも顎関節症になることがあるといわれています。原因は大人と変わりませんが、子供も学校生活や受験勉強、親子関係や友人関係などからくるストレスが大きくなっています。

顎の形態の変化や発達の問題も背景となっているといわれ、子供のひどい虫歯は減る一方で、噛み合わせの異常で歯科を訪れる人は増えているようです。

噛み合わせの問題は、さまざまで母乳で育った子供はある程度吸う力があるので顎や筋肉の発達にいいと言われています。

こういったさかのぼっていくとわかるような原因も多くあるようで、原因はさまざまなところに落ちているということです。

その他にも何も関係ないように思える姿勢の悪さも原因の一つとして挙げられるようです。

スポンサーリンク