顎関節症とは何科で受診するのか?

スポンサーリンク

顎関節症は症状として現れる前にサインが出るようになっています。

朝目覚めた時に顎が痛んだり、耳の下辺りが痛かったり、骨の周りが腫れるなどです。

こういったサインは顎関節症の前兆だといえます。

顎関節症は、主に口腔外科で受診することが多いでしょう。口腔外科は個人病院で見かけることはなかなかありませんが、歯科医院やクリニックでも存在しています。

総合病院や大学病院のような規模の大きな病院では多く見かけることがあります。口腔外科では、口内にできた腫瘍や顎の骨折、顎関節症などを診ています。

口腔外科は歯科と併用していて、歯科なのか、耳鼻咽喉科や外科や内科のような歯科なのか疑問も多いと思いますが、口腔外科は医科ではなく歯科に分類されています。しかし、歯科医師だけではありません。

虫歯などの治療は歯科ですが、また、事故やけがで変形してしまったあごや歯などの外科だけでなく、そのほかにも口内に腫瘍やがんが存在していたり、骨の骨折や顎関節症の手術などもあります。

顎関節症の他にもインプラントや親知らずの抜歯も有名です。その上、口臭症といった代表的な内科のような疾患も取り扱っています。

口腔外科の治療ができない歯科では、口腔外科の看板は出せないので、口腔外科があるところでは治療は行っていただけるはずです。

口腔外科の看板を出している歯科でも、歯科の範囲を超えた治療になる場合には、専門病院の紹介をしてくれるはずです。

このような顎関節症や顎の診療科には皆さん疑問が多いようですが、口腔外科または、歯科でも口腔外科の看板もあるところにまずは受診にかかることです。

一番は規模の大きい病院に行って、専門医に治療していただくのがもっともですが、紹介してもらって専門医に診てもらうというのもいいでしょう。

このような顎関節症は、20代から30代の若い女性に多いので、異変を感じたりサインが出始めたら受診にかかるといいでしょう。

口腔外科は必ずしも美容外科ではありません。医療保険が使える口腔外科治療もたくさんあるので覚えておくと便利です。

スポンサーリンク