顎関節症の矯正方法とは?

スポンサーリンク

顎関節症になってしまう原因として、顎をぶつけたりなどの外傷や歯並び、親知らずの問題や歯の形、配列に問題があったりなどがあります。

こういったさまざまな原因もありますが、噛み合わせが悪い場合は、顎の骨の筋肉にとって無理のある不自然な状態で食べ物を噛んでいることになり、負担がかかっています。

その結果、筋肉の疲労などから、肩こりや頭痛、めまい、耳鳴りといった歯や顎とは関連していないような所に症状が現れ始めるのです。

顎の関節が顎関節症により不安定な状態で正常な機能が果たせていない場合、よい噛み合わせにすることは困難になるため、矯正は顎関節症に大きく関係しています。

顎関節症の方、顎関節症の疑いがある方の場合は、スプリント療法というマウスピースを使って、顎の位置を安定させてから治療に取り掛かっていきます。

矯正治療を行う一連の流れは、まず最初に詳細な検査を行い、次に症状の軽減と顎の位置の安定化を図ります。次に、適切な顎の位置や状態で歯並びを矯正します。その後は定期健診でメンテナンスを続けていくといった形になります。

このように矯正治療を行う前にマウスピースで位置を安定化させることは必要なので、マウスピースと矯正治療は一緒に行われることが多くなっています。

患者の歯の状態と症状を総合的に診断して治療方法を考えていくというのが一般的です。顎関節症にはさまざまな原因があり、症状も人によってさまざまになっています。

痛みを感じてしまう場合、重度になってしまっていることが多く、そういった場合は早めに治療を行っていくことが大切になってきます。

歯並びや噛み合わせが原因ならば、こういったマウスピースと矯正治療を合わせて行うことが効果的といえます。

こういったひとりひとりの症状に沿った治療法を専門医は導き出してくれるので早めに医師の診断を受けるといいでしょう。

矯正治療などは早めに対処をすることで治りの早さも変わってくるので、早期で治療することが大切です。

スポンサーリンク