顎関節症の名医とは?

スポンサーリンク

顎関節症の治療を行っている相原歯科医院の院長、相原一雅さんのことについて紹介をしていきます。

相原さんは、1999年に日本大学松戸歯学部を卒業し、当時は和田歯科医院に勤めていました。

その後2001年に転勤になり、現在の相原歯科医院に勤務することになったようです。

日本臨床歯周病学会会員や、日本口腔インプラント学会会員、足立区生活習慣病指導医、日本大学松戸歯学部インプラント科研究生といった幅広い場面で活躍しています。

セミナーも多く開いていて、少年時代から研究心の持ち主で、こだわりをもってとことん追求していくようなところがあったようです。

夢を多く持っていたものの、歯科医という職業に出会い、人の役に立つこと、人の規範になるような人間になること、そしてそれを子供たちに伝えること、子供たちも社会の規範になれるようになること、そして、世の中が今よりも次世代にはもっと良くなっていることが願いだそうです。

そして将来を考えた治療法を提案するというのがこの相原さんの考えだそうです。

顎関節症は3分の1の確率で放置していても症状が消失することがあるといわれています。

"治る"というのには、治療によって治ったの他にも、自然に治ったや、説明を聞いただけでよくなったり、プラセボ効果やホーソン効果などが含まれています。

治療を受けて治ったとしてもその治療の効果は水増しされたものとなっています。

放っておいてもいいのに治療をする理由は、治るまで口が痛くて開かず、食べれないなどの不便さがあるので、その期間を短くするために治療を行う場合があります。

なので、それは患者さんの費用に負担がかからない方法が望まれます。お金がかかる矯正ちりょうなどは元に戻すこともできません。そして再発しない保証もありません。

難治性顎関節症患者さんも多いので、そういった方は他の病気も併発している場合があります。

顎関節症は多因子性疾患という事もわかっており、難治性にならないためには、温めたり、マッサージをする、あごを動かすなどを行うこと、自ら回避できることをすることで変わるということが分かっています。

しかし、難治してしまった場合は、ほかの病気と重なっている場合も考えられるので、医者の判断に任せる事も大切なようです。

スポンサーリンク