顎関節症とストレスの関係性は?

スポンサーリンク

顎関節症とストレスは密接にかかわっています。

この場合のストレスは精神的ストレスのことを指し、外的ストレスとは関係ありません。

顎関節症の方の多くは、精神的ストレスを持ち合わせていることが多く、顎関節症の原因の一つとなっている歯ぎしりや無意識な食いしばりなどは精神的ストレスから自然に行ってしまっていることが多いということが数々の実験で証明されています。

歯ぎしりや食いしばりは精神的ストレスを受け、無意識に脳がストレスを発散させているためだといえます。

そのため、精神的ストレスが過多になると、かみしめる筋肉の疲労や緊張につながり、顎のバランスも崩れてきます。

また、顎関節症の患者さんの多くは自律神経の乱れや情緒不安定などが多く認められています。

性格的な傾向としては、神経質、几帳面、完全主義、せっかちといった傾向があります。このような性格的傾向の方は他の人より不安や恐怖、緊張などの多くのストレスを抱えてしまい、心身ともに慢性的疲労を重ねていってしまいます。

顎関節症の患者さんの多くには、不安感、抑うつ感が存在し、こういった不安、恐怖、抑うつ感は色々な身体の症状への過敏さや低耐性をもたらします。

現在はまだ、顎関節症の方に精神安定剤を投与することは認められていませんが、改善するという報告もあれば、精神安定剤や、抑うつ薬を服用後に違和感を感じたというケースもあるようです。

顎関節症は噛み合わせも関係するというもののそれはごくわずかになっています。

もっともは食いしばりや歯ぎしりで、自分自身が強いストレスを感じることでそれが寝ている時に歯ぎしりや食いしばりとなって症状に表れているのです。

そうすることで顎に負担は大きくかかるため症状の悪化につながってしまう事もあります。

まずはストレスを軽減させてあげる子tが大切で、それにはマッサージも効果的といわれています。

自律神経失調症の方が顎関節症になる場合や、反対に顎関節症の方が自律神経失調症になる場合の両方あるのでそういった傾向にある人は注意しましょう。

スポンサーリンク