顎関節症の症状とは?

スポンサーリンク

顎関節症の症状は代表的に挙げられるものが5つあります。

まずひとつは、顎に痛みを感じることで、顎関節および周辺の頬やこめかみが痛むといった症状が現れるようです。

口の開け閉めや食べ物を噛むときなど、顎を動かした時に痛みを感じることが特徴で、顎の動きとは関係なく痛みを感じる場合は顎関節症とは別の病気と考えられるでしょう。

二つ目は、口が大きく開けられない開口障害というものです。

正常な人は縦に指三本分は入るのですが、顎関節症となると指二本程度もしくはそれも入らないといった状態になります。顎に痛みを感じることから開けることを躊躇してしまったり、顎関節そのものに異常が見られ開けられない場合とがあります。いきなり開きにくくなる場合や、徐々に開きにくくなる場合とがあるようです。

三つ目は顎を動かすと音がする関節雑音というものです。

顎を動かした時、耳の前の辺りで「カクカク」といった音がしたり、「ジャリジャリ」と砕けたような音、「ミシミシ」といった軋むような音がすることがあります。症状がこの関節雑音のみの場合は、顎関節症予備軍といわれ、治療は必要ないようです。

四つ目は噛み合わせに違和感があるというものです。

顎の関節や筋肉に問題が出てくると、顎の動きに変化が見られるようになり、噛み合わせが変わってしまうことがあります。急に噛み合わせに変化を感じた場合には顎関節症の疑いがあります。

最後は、口を完全に閉じることができないというものです。

非常に稀な場合だが、顎の関節内の構造の異常によって、上下の歯列の間に隙間ができて、口を閉じることができない場合があります。

こういった症状が重なって現れる場合があります。こういった代表的な症状の他にも顎周辺に限らず全身の様々な部位に症状が現れるという場合もあります。

頭痛や首や肩や背中の痛み、腰痛、肩こり、目や耳に異変を感じたりなどです。

こういった多くの症状があるため、重なって同時に現れ、顎関節症につながっていくことがあります。

防げるところから防いで顎関節症にならないようにしましょう。

スポンサーリンク