顎関節症の手術について

スポンサーリンク

顎関節症の外科的手術は、薬物療法、運動療法、スプリント療法、マニピュレーション法などを行い3ヶ月から半年経っても改善が見られない場合に外科的手術を必要とする場合があります。

しかし、外科的手術までに及ぶ人は全患者さんの中で2%から4%程度でその他の人は手術に至る前に症状に改善がみられるようです。

手術は器具を使ったり、何かを摘出したりといった大きい行為になってくるので、こういった行為に至ることは少ないのでしょう。

顎関節症の外科的手術の注意点として挙げられることは、数日間の入院が必要となること、手術後も薬物療法、運動療法、マニピュレーション法などといったリハビリが必要になること、全身麻酔による手術になることです。

手術にはいくつか種類があります。最も高額となる手術は顎関節形成術です。反対に最も安価なものは顎関節鏡下受動術となっています。これらの他にも開放受動術、顎関節鏡下円盤整位術があります。

こういった手術は後戻りができない手段で、よほどのことが無い限り、手術に踏み込む前の段階で、改善がみられるようになっていくものです。

治療費も内容によっては高額になっているのでできるだけ早期治療を心がけていくことでこういったことは避けられるでしょう。

治療していくにあたっての順序としては、運動療法、薬物療法、スプリント療法、マニピュレーション法、外科的手術となります。

外科的手術に至るまでに治療法は多く、期間も長くなっているので、早期発見ともなれば早い段階で症状の改善に期待できるでしょう。

手術といった大きな治療法は、医師も極力避けたいものですので、手術の前の段階で念入りな治療を心がけ、自分で改善できることは意識することで変わっていきます。

こういった顎関節症にかかってしまう前に対処したり、なってしまったら異変を少しでも感じたら病院でどういったことから始めたらいいのかを話していくことが大切です。

手術は最後の手段とも言えるものなのでここまで来る前に完治できると一番いいでしょう。

スポンサーリンク